ピルの価格ってどれくらい?

近年日本でも利用者の多くなってきたピル。
望まない妊娠をしたくない人や月経不順で悩んでいる人には大いに利用価値があります。
また服用する事により肌のトラブルが少なくなったり、何より月経周期が予測しやすく、生理も軽くなる方が多いようです。
日本で発売され始めた頃のピルは副作用も多くありましたが、昨今のピルは副作用が少ないのも嬉しい点です。
ピルは続けて飲まねばならないため、価格帯も気になるところ。
電卓を持つ女性今現在日本で販売されている物の価格は概ね1箱1800~4000円程度。
1箱で約1ヶ月の計算ですから、さほど大きな負担になるほどの金額ではありません。
特に若い年齢層でも続けて服用出来る程度の価格なのは有難いところです。
ただし誰でもが使用出来る物ではありません。
喫煙者は禁煙する事を義務付けられますし、持病の薬等と併用するのも難しい事です。
婦人科医の意見をよく聞き、相談の上服用する事が大切です。
そしてもう一つ、アフターピルと言う物も存在します。
毎日飲む物ではなく、性行後に避妊に失敗したと気付いた時に使う物です。
緊急避妊アフターピルとも呼ばれており、性行為後72時間以内に服用しないと効果が出ません。
こちらは最終手段と考えて使う物であり、日々多用する物ではなく、また副作用も高く、さらには100%妊娠しないという保証もありません。
アフターピルは昨今かなり価格が下がり、1錠だけの服用というお手軽な手段にも移行しつつあります。
価格は1錠1500~3000円、さらには1万円かかる場合もあります。
失敗に気づいたらすぐに医師の処方を受ける、またはアフターピルの使用を考慮して下さい。
望まない妊娠をさけるためにもうまく付き合っていきたいお薬です。