ピルで腹痛を起こしたら婦人科に行くべき?

ピルの副作用で腹痛を起こしてしまった場合に婦人科に行く必要はあるのでしょうか?実際ピルの副作用で腹痛を起こす人は少なくありません。
現在は低用量ピルが認められているので、中容量と比べ副作用はかなり減りましたが、副作用が全く出ないわけではありません。
多くの人に大なり小なり副作用が現れると考えてもおかしくはありません。
腹痛のほか、その他頭痛や吐き気など妊娠初期のつわりに似た症状を起こす人もいます。
中にはピルを服用すると便秘になることがあり、便秘のせいで腹痛を起こす人がいます。
その場合は便秘を解消すれば腹痛は治ります。
水分を多めに摂取し、食物繊維中心の食事を心がけるようにします。
また運動も痛みが激しくない限り、適宜行うことで便秘の改善を図ることができます。
それとは別に、生理痛と似たような痛みを訴える人もいます。
ピルを飲むことで体内のホルモンの環境が変わり、一時的に不適合を起こすと考えられています。
この場合痛みが軽ければある程度時間がたてば腹痛は収まってきます。
体が副作用になれて来れば、痛みは自然に引いていきます。
もしもどうしても、痛みが強いようであれば鎮痛剤を服用することで痛みを軽減することができます。
痛みが激しい、また痛みがいつになってもひかないというときは、一度婦人科で相談する必要があります。
特にピルの服用とともに不正出血がある場合は、早めに相談することをおすすめします。
ピルでの不正出血は時々見られる症状ですが、様子をみていいかどうかは自己判断は危険です。
ピルを処方した婦人科で相談する必要があります。
不安感を抱えたままだと症状がより一層ひどくなってしまいます。
はやめに婦人科に相談して不安をとりのぞくことをおすすめします。